福井で集客できるホームページを作るために知っておきたい4つの手段

約 12 分
福井で集客できるホームページを作るために知っておきたい4つの手段

 福井の皆さんこんにちは!

ホームページと聞くと、作り方が難しそうで手が付けられていなかったり
作ってみたのはいいけれども全然検索エンジンに表示されず、SNSや名刺からのアクセスが1桁2桁のまま伸び悩んだ結果、更新を諦めてしまったりした方多いのではないでしょうか?

しかし、最近ではWordpressを使えば初心者でも簡単にお洒落なサイトを作ることができるようになってきました。
が、ホームページ制作でもっとも重要なことはお洒落なホームページを作ることではなく、いかにそのホームページに人を集めて見てもらえるか
これに尽きると思っています。

どんなに奇麗な魅力的なトップページを作っても、どんなに魅力的なライティングページを作ってもあなたが作ったホームページがインターネットの検索順位に埋もれてしまい、誰にも見てもらえないページになってしまっては意味がありません。

私がホームページを使った集客、Web集客をするメリットは
営業・集客・販売・成約の全てを人を介さずに24時間365日どんな状況でも対応し1つで完結してくれる仕組みができることだと思います。
また、Webを使うということは全世界と繋がることができるので仕事場を問わずにできることが可能になります。
福井は田舎だから集客なんてできない・・・と思われるかもしれないですが関係ありません!
なぜなら、Webで全世界の人達と繋がることができるのでターゲットを福井の人だけに絞って営業や集客する必要がなくなるためです。
勿論、福井が特に売れる商材もたくさんあると思いますが商圏を福井から近隣の県、そこから日本全国へと向けて開拓していくためのツールとしてWebを使うというのも有効だと思います。

 とはいえ、冒頭で説明した通り誰にもホームページを作っても誰にも見てもらえなければ意味がありません。

そこで今回は、集客できるホームページにするために知っておきたい4つの手段についてご紹介したいと思います。

SEO対策

 1つ目にご紹介するのは、SEO対策と呼ばれるWEB集客では最も王道で効果的な手段になります!
では、そのSEO対策とはどういったものなのか
どのようにすれば良いのかということについてご説明していきたいと思います。

SEOとは?

SEOとは “Search Engine Optimization”の略で、検索エンジン(主にターゲットはGoogle)に向けてWebサイトを最適な状態に近づけること(検索エンジン最適化)を意味します。
Google(Yahoo!)を使ってキーワード検索した際に出てくる最初のサイトこそが検索エンジン最適化されたサイトになります。
つまり、Googleでキーワード検索した際にを上位にすることこそがWeb集客に繋がることになります。
ここでの検索キーワードというのは、Yahoo!やGoogleといった検索エンジンで世間一般でよく調べられている需要のあるワードになります。

つまり、あなたのホームーページがGoogleの検索エンジンで評価されて上位に表示されるようになれば、あなたのホームページには多くの人が集まるということになります。

コンテンツSEO対策で検索エンジンの検索キーワードで上位表示させる

それでは、検索キーワードで上位表示させるために必要なSEO対策をする上で重要になってくる3つの手段についてご説明したいと思います。

まず、Googleの検索キーワードのランキングは約200のアルゴリズムの項目によって決められています。
そのアルゴリズムの項目は様々な要素があり、その中でも特に重要な要素は以下の通りになります。

・内部リンクの最適化

・明確な内部サイトの構造の建築

・サイトの表示速度
サイトを開いてから表示されるまでの時間が長いサイトかどうか

・モバイルユーザービリティー
スマホで表示した時に文章が崩れずに表示されているかどうか等

・被リンクの量・質

・コンテンツ量・質・オリジナリティー

主にこれらの要素からGoogleが検索キーワードの中でランキング付けをしていくわけです。
他にも多くの要素があり、何が正解かなんてGoogleのアルゴリズムを開発している人達にしかわかりませんが
つまり、これらのGoogleが喜ぶ要素をより多く含んだサイトがより高い順位に行くようになります。

アバター
なんか好きな異性の好みに合わせてGoogleを口説いているみたいですね!

被リンクとは?

 自分のサイトを他のサイト内で自分のサイトのリンクを貼ってもらうことで紹介してもらうことです。
Googleが出来た当初のアルゴリズムは、単純な被リンクの量だけで上位表示を決定する要素の一つにもなっていたので

他のサイトで沢山紹介してもらっている=良いサイトで良い情報がたくさんある

という評価がされていたそうですが、最近ではGoogleのアルゴリズムも進化していて
単純に被リンクが多い=良いサイトという評価がされなくなってきました。
本当にそのリンクが関係しているのかどうかも判別されるようになったので、今では普通の人間がリンクを1つ1つチェックしているかのような判別をするようになっているそうです。
似たような要素として、ホームページやブログでよく見かけるSNSリンクに設置されているリンクをシェアするボタンやいいねをするボタンによる評価は検索エンジンの評価にも繋がってくる重要な判断要素となっています。

ブログとホームページの違い

ホームページと聞いて似たような位置としてブログが挙げられると思いますが
ホームページとブログの違いとしては、情報の見せ方の違いだと思っています。
私は、自社の製品・ブランドのPRするために概要や商品の説明などの整理された情報を奇麗に見せるのがホームページ
逆に自分の使った感想、俗にいうレビューやお勧めしたい商品のメリットやデメリットが書かれた日記のような物がブログで主に社会人や主婦・学生が多い印象があります。

よく、商品の紹介ページの後にその商品のリンクやその会社に契約するとお得ですよという宣伝が貼られているアフィリエイトブログがあると思いますがこれはブログの典型的な例の一つです。
その他にも、サラリーマンで3ヶ月頑張ったら月収100万円を突破しましたという夢のような文言で宣伝されているブログがあると思いますが、夢ではなく本当に実現することは可能です。
誰でも努力さえ積み重ねることができればそれも現実になります。

とはいえ何をやるにしても、やはり検索順位を上位にすることでまずは見てもらう仕組みを作ることが重要になります。

無料ブログではSEO対策は難しい!?

それではホームページを作ってSEO対策をしましょうと言いたいところですが、知っておかねばならないことがあります。
それは、SEO対策は独自ドメインでしかできず、サブドメインではできないということです。

独自ドメインとは?

まず、ドメインというのは世界で一つしかないあなただけが所有しているURLに含まれたインターネット上の住所であり、家の看板のような物になります。
その中でも独自ドメインというのは自分で作ったオリジナルの看板になります。
それが、SEO界隈での強さの指標になってくるわけです。

アバター
戦国時代でいう所の家紋、ワンピースでいう所の海賊旗のようなものと捉えていただければわかりやすいと思います!

自分で作れるドメインには、テレビやラジオでよく耳にする.comや.jp.co.jpなど有名なものから.siteや.pinkなどレアな物まで数百種類あります。
もちろん、取得や維持するためにはドメインの種類によってコストがかかります。

サブドメインとは?

一方で無料ブログでよく使われるサブドメインというのは、WIXやアメーバ・はてなブログ等の無料ブログを作る際に取得するドメインになります。
つまりサブドメインというのは、その無料で作れるブログの傘下ということになります。
なので、独自ドメインのようなゼロからのスタートではなく
ある程度強い状態でSEOもちょっと上の所からのスタートになります。
ただし、そこから更に上に行こうと思うと親である無料ブログを超えた力が必要になるので一定の所から上位表示を狙うにはかなりの時間と労力が必要になってきます。

つまり、上位表示を狙うならば最初から独自ドメインを取得して強くした方が圧倒的に近道ということになります。

(吹き出し)もし、自分が狙おうとしているキーワードで検索した時に無料ブログがトップに来ていたらそれは無料ブログを追い越して自分のサイトが上位に行くことができるチャンスだと思ってください!

ホームページでWeb集客をすることに特化した最強のツール・Wordpress

WordPressとは、サイトの作成やブログの作成などができるCMS(コンテンツ管理システム)の1つで、無料のソフトウェアです。
本来であればHTMLやCSS言語といったサイトの管理や記事投稿をするには専門的な知識が必要になってくるのですが、WordPressを使うことでWeb関連技術が無い人でもサイト管理や記事投稿ができるため、世界中のサイトのおよそ4分の1はWordPressで構築されていると言われています。

(吹き出し)
直感的に触ることができて、やり方さえ覚えてしまえば無料ブログが使いにくいと思うくらいパズルを組み立てるかのように作ることもできちゃいます!

また、Wordpressが最強のツールの理由としては先程述べました独自ドメインと組み合わせることが可能となるためです。
これにより独自ドメインとWordpressの力であなただけの最高のホームページを制作することを実現できます。

と、ここまでは夢のような話でしたが
実現するためにはかなりの時間と労力が必要になってくるのが最大の弱点です。
それまで待てなくて今すぐ結果を出したい!という方には次の方法がお勧めです。

Web広告を活用した集客方法

先程、説明したSEO対策は基本的に長期的な運用が必要になってくるので、時間をかけて努力すれば上位表示を狙うことも可能という内容でしたが
Web広告のようにお金をかけることで簡単に解決できてしまうことも可能です。

全世界無料で利用できる検索エンジンGoogleの収入減がGoogleアドワーズという会社の広告システムとGoogleAdsenseという会社によるアフィリエイト広告システムの2社で成り立っているためです。

リスティング広告とは?

リスティング広告というのは、Googleにお金を払うことで広告として優先的にページの上位に載せてもらえるシステムです。
通常であれば、SEO対策を長い時間と労力をかけることによって上位に表示させるのですが
このリスティング広告を使用すればその時間も労力もなしにお金だけで解決できてしまうというものになっています!

また、リスティング広告のメリットとして
広告として載せるページは1ページのみで良い上にSEO対策を気にすることなくPRをすることが可能な点と
ユーザーが検索したキーワードに合わせてリスティング広告が表示されるので、ユーザーが検索するワード
つまり、ユーザーがそのキーワードに対して興味のある場合のみ表示されるので効率よく狙ったユーザーに直接見てもらえる可能性がグッと上がります。

リスティング広告の弱点

このようにリスティング広告は、SEOとは違ってお金をかけることによって解決できてしまいますが弱点もあります。
それは、リスティング広告が効果を発揮するのは短期間だということです。

1度見た広告を複数回見られることはあまりないので、ユーザー的にはこのページこの前見たからいいや・・・
という風になってしまうので長期間の掲載は効率が一気に落ちてしまうので
スタート時に比べてコストの割に合った集客というものができなくなってしまいます。

SNSを使った集客方法

SNSを使って集客する方法も重要な集客方法の1つです。
SNSと一口に言っても、Twitter・Instagram・facebook・Youtubeなど様々なツールがあります。
しかし、それぞれに属するユーザーや特性が異なってきますので注意が必要です。

例えば、Twitterは爆発的な超短期間で多くのユーザーへ情報を拡散する能力を持っている代わりに信憑性が低く、匿名のアカウントで発言や閲覧することが出来てしまう上にこれらのSNSの中で最もユーザーの年齢層が低いので非常に危険な一面があります。
しかし、暴力的な発言等の制約以外は基本的に他サイトへの誘導に関しては基本OKなので一番誘導しやすいツールかと思われます。

Instagramに関しては、主に文章よりも画像や動画がメインになっており文章でアピールするというよりも画像や動画で魅せるというツールになっています。
ユーザー情報内のリンク以外、基本的に外部サイトへの誘導はURLを貼ってもリンクとして機能しないので集客するには少し難しい部分があります。

Facebookについては、実名で登録する必要があるので信憑性が一番高いですがユーザー層は高めで
こちらも外部サイトへのリンクに対してはFacebookのシステム的に嫌われている傾向が強いです。

最近、どんどん市場が拡大されてきているYoutubeですが
動画投稿がメインになってしまうので、文章だけで広めるということができませんが
サイト+動画という、最強と最強の組み合わせが出来るので動画投稿とセットで発信することが出来なくてもサイトか動画のどちらかで集客出来ようになればとても心強い味方になってくれます!
動画に関する記事もあります
併せて読みたい記事

私は主にこの4つのSNSを使った情報発信が主流になるかと思います。
これに関して、どれが一番効率が良いのかという話になると思いますが使える物は全て使うのが正解だと思っています。
なので、それぞれの特性を活かした効率のいい魅せ方で発信してユーザーを増やすことが一番だと思います。

SNSだってお金で解決できちゃう!?

SNSでのタイムライン中に時々プロモーションと書かれた、フォローしてないはずのユーザーの投稿のようなものが流れてくるかと思いますが
それがプローモションと呼ばれる、SNS版のリスティング広告のようなものになります。
最近では、露骨な宣伝のような投稿ではなく一般の人が投稿したかのようなツイート型の広告が主流なようです。

強いサイトにの力を借りる

この方法ですが、先程挙げた被リンクの応用のようなものになります。
強いサイト=アクセス数の多いサイトにお勧めのサイトという形やこのホームページのこの記事を参照しましたという風にリンクを通して導線を作って貰うことで
その強いサイトのユーザーが新規ユーザーとしてアクセスしてくれるという流れです。

代表的な例ですと、比較サイトやホットペッパーのようなグルメサイトが挙げられます。

まとめ

ということで、以上4つの方法をご紹介させていただきましたが
この4つの中でどれか1つしか選べないというわけではありません。
いくつ使ってもいいのですが、それぞれの強みや弱みを理解した上で効率よく組み合わせることが重要です。

また、私自身無料ブログやWordpressを使ったブログ運営をしていて思ったことですが
アクセス数=モチベーション=継続
だということを強く思いました。
どんなに自分が思う最高の記事を書いても、どんなに自分が思う最高のホームページを作っても見てもらえないと続かないです。
良いものを作るということはそれだけの時間も使うし、手間もかかりますが見てもらえるようになれば
もっと良い記事書いて喜んで欲しい、もっと多くの人に見てもらいたい!という気持ちになります。
逆に見てもらえないと、これだけやっても報われない・・・と思ってしまい自然と更新頻度が落ちてしまい気が付けば数年以上更新していないということになってしまいます。

継続は力なりという言葉もある通り、SEO対策は継続することこそが近道だと私は思っていますのでこの記事が皆様のホームページ運営の参考になれば幸いです。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Hi there are using WordPress for your blog platform?
    I’m new to the blog world but I’m trying to get started and create my
    own. Do you require any coding knowledge to make your own blog?
    Any help would be really appreciated!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)